太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

太陽光発電の設置に適した場所や角度について徹底解説

太陽光発電に適した4箇所の設置ポイント!

1. 土地の広さを活かした「地上」への設置

ある程度の広さがある土地を持っている人は、地上に太陽光発電を設置しているケースも見受けられます。

農業を営む方で、農耕に適さない土地を利用して設置したり、動物に農作物を荒らされてしまうために農業の限界があるという方も、太陽光発電を設置して安定した収入源を確保しようとされているようです。

そのほか、駐車場の頭上に太陽光発電を設置するというスペースの有効活用をされている方もいます。

2.「屋根」への設置はさまざまな環境で有効

一般家庭はもちろんですが、企業の屋根も太陽光発電を設置して有効活用されています。 ビルの屋根や集合住宅、工場の屋根など、いろいろな環境の屋根に設置できるので、もっとも活用しやすい場所だといえるでしょう。 ある地域では、小学校の屋根に設置しているところもあるようです。

3.「壁面」は企業のビルで活用されることが多い

地上や屋根のように太陽光発電の設置をイメージしやすい場所とは対照的なのが「壁面」です。
ビルの壁面の一面に太陽光発電を設置することが可能なので、かなりたくさんの設備を設置できるメリットがあります。
個人宅などでは難しいですが、企業のビルでは壁面に太陽光発電を設置しているところも多いようです。

4. 汎用性の高い「窓やひさし」

窓一面に太陽光パネルを設置してしまうと日光が入ってこなくなってしまうので、個人宅では難しいですが、ビルなどの建物で窓の部分を多く取っている建物だと、窓の一部やひさしに太陽光パネルを設置することができます。
大きなガラスの反面にパネルを設置すれば、バランスよく日光を取り入れることもできるので、意外と汎用性の高い方法です。

発電効率が上がる設置角度と地域・方角の関係

同じ日本でも陽の長さが違うので、太陽光が当たる角度は地域によって異なります。
さらに季節によっても最低角度は異なるため、季節に応じて角度を変えるのが理想です。

例えば、東京都の八王子市で考えた場合、夏至の頃には「2.6度」の傾斜がもっとも日光を受けやすい角度になります。
逆に、冬至の頃になると「61.1度」が最適です。

夏は太陽の高さが高いのに対し、冬は太陽高度が低いのです。学校で授業を受けているときも、冬のほうが日光が入ってきて眩しいと感じませんでしたか?
このため、冬のほうが太陽光パネルの傾斜を高くする必要があり、設備によっては季節に合わせて自動的に傾斜を変更できるものも作られています。

しかし、費用などのことを考えると現実的には難しいですよね。
夏と冬で最低な傾斜の中間を取った角度で設置するのがベストと言えるでしょう。

緯度が下がると斜頸も低くなる

各地域で最適な傾斜は異なり、例えば北海道札幌市の場合は34.8度がもっとも最適な角度になります。
屋根の勾配で考えると「7寸勾配」が合い、前述した八王子市は33度が最適のため「6.5寸勾配」、南に行って鹿児島県鹿児島市だと27.7度で「5寸勾配」と、傾斜が小さくなっていきます。

「経度が下がると傾斜が低くなる」と考えるとわかりやすいですね。

日光をたくさん受ける南向きがもっとも効率がよい

太陽光発電は名前の通り、太陽の光をエネルギーにしているため、いかに日光をたくさん受けるかという点はとても重要です。

住宅でも同様ですが、もっとも日当たりがよいのは南向きなので、太陽光パネルも南向きのほうがよりたくさん日光を受けられるでしょう。

方角によっても傾斜は変わる

前述した屋根の勾配は太陽光パネルを真南に設置した場合の話で、方角が変わると最適な傾斜はさらに変わっていきます。
西向きや東向きの場合、日中の太陽光をできるだけ長く受けることができるよう、傾斜は低いほうが望ましいです。

環境の問題で太陽光の設置を断念したという人も、方角や傾斜を考慮すれば発電量を得やすい状態で設置することができるかもしれません。
よくわからない場合は、専門家に調査を依頼してみるのがよいでしょう。

太陽光発電の発電量が低下する原因

パネルの集光率の低下

太陽光発電の原理は、パネルで集めた太陽光をエネルギーへと変換します。集めた太陽光が多ければ多いほど、変換できるエネルギーの量も多くなるのが特徴です。裏を返せば、集められる太陽光が少ないと変換できるエネルギーの量が減る、つまりは発電量が低下してしまいます。

パネルそのものの質も関係しますが、パネルに影があったりパネル表面に汚れ等が付着していたりなども集光率も原因の1つです。雨などの自然による影響もあれば、鳥の糞あるいは周辺の雑草が伸びて太陽光パネルを覆るケースもあります。

周辺に建物ができて陰ができるようになる可能性もあり、場所や環境によって様々なトラブルが起こるかもしれません。これらにより太陽光パネルで集める太陽光の量が減少すれば、太陽光発電の発電量は低下してしまうでしょう。太陽光発電パネルが傷ついてしまった場合も同様です。

汚れがホットスポット化につながる可能性

ホットスポットは、太陽光パネルが長い間発電できずに発熱してしまう現象のことを言います。汚れにより太陽光パネルの電気が流れにくくなると、それが原因で電流を熱に変換してしまいホットスポットになるという仕組みです。放っておくと、発電量の低下だけでなく発火を起こすかもしれません。

太陽光パネルの劣化

太陽光パネルそのものが劣化すれば、太陽光発電量は減少します。太陽光パネルはメンテナンス不要と謳われていますが、他の家電製品同様どれだけ慎重に扱っているとしても経年劣化は免れません。一般的に15年から20年が寿命とされていますが、時間と共に劣化していくものです。

劣化の速度に関しては、太陽光パネルの製造メーカーや材質によって異なります。例えば住宅用として使われる単結晶パネルは多結晶パネルやCISと比較すると、劣化速度が速いのが特徴です。初期費用を安くしたい気持ちも分かりますが、長い目で見た「コストパフォーマンス」もまた、大切となってくるでしょう。

高温による発電量の低下

この点は意外に感じる方も多いかもしれません。太陽光パネルは太陽の光を吸収するものなので、高温になっても問題ないというイメージがあるかと思います。しかし、実際に太陽光パネルが高温になると電圧は低下し、発電効率の低下にもつながるのが懸念点です。

太陽光パネルは25度程度が最も効率よく発電するとされていますが、太陽の光の温度は25度を軽く上回ります。強すぎる太陽の光に照射されればされるほど、発電効率が低下してしまうことになりかねません。

25度という温度は、外気温ではなくあくまでもパネルの温度です。家電製品でも熱を帯び多彩に動きが鈍化するものがありますが、それらと同じく太陽光パネルも、表面温度が熱くなりすぎると効率が悪くなります。太陽の光を当てるという目的がある以上、基本的に日当たりの良い場所に設置する太陽光パネル。ただ陽射しが強い場所にしようと考えるのではなく、安定した温度が望める場所や高温に耐えられるメーカーを選ぶなど、対策を立てておくべきです。

太陽光パネル内部の劣化・損傷

表面だけを見ると決して問題があるようには思えないものの、太陽光パネルの内部がダメージを負っている可能性もあります。この場合も他のトラブルと同様に、発電量の低下につながる要因です。例をあげるとすれば台風や強風時、物が飛んできてパネルを直撃しダメージを負ってしまうケースが考えられます。

飛来物は、質量に加えて落下時のエネルギーが加算されます。小石程度ではあっても、飛来した場合には太陽光パネルに大きなダメージを与えかねません。派手に割れてくれた方が表面の異常にすぐに気付けますが、表面ではなく内部にダメージを負ってしまった場合は厄介です。特に表面上の問題が見当たらないにもかかわらず、発電量が低下することで疑問に感じるでしょう。

太陽光パネルの表面にこれといって問題が見当たらないにも関わらず発電量が低下している場合、太陽光パネル内部が損傷している可能性があります。その際は業者に確認してもらい、必要に応じて修理をしなければいけません。

長崎で安心できる
太陽光発電業者3選

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)
ページの先頭へ