太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

太陽光発電に失敗しないための3つのトラブル事例とその対策法

太陽光発電システムの普及に伴い、国民生活センターへ寄せられる契約時のトラブルについての相談件数も増えていっています。

2013年はソラーシステム全体に関する相談件数は、4,747件を記録。その後は契約件数の低下に伴い徐々に件数は減っていますが、それでもまだまだ多くの相談が寄せられています。

ここでは、具体的なトラブル事例を取り上げ、その対策法について紹介しますので、今後契約を予定している方は参考にしてください。

トラブル事例1:太陽光発電があれば、光熱費がかからない、儲かると言われたが、実際は違う

太陽光発電システムの訪問販売では、「光熱費がゼロになる」「売電収入で儲かる」と言われることが少なくありません。

具体的な数字をシミュレーションで示す場合もあり、それを聞いて安心して契約する方も少なくないようです。

しかし、太陽光はあくまで自然の力によって発電するシステムであり、それは確実なものであると言い難いでしょう。

電気の買取価格は毎年見直されており、シミュレーション時とは異なることも。

さらに、業者によってはセールスのために実際とはかなり食い違う数字を示している例もあります。

売電や光熱費についての説明に不安を感じた場合は、契約しないこと。他の業者と合い見積もりをして、見比べておくと良いでしょう。

契約後に不安を感じ、解約したい場合は、契約から8日以内でしたらクーリングオフが適用され、一方的に解約するこが可能。

契約解除の通知書を内容証明郵便等で郵送しましょう。クーリングオフは消費者側の権利であり、どんな理由であっても適用され、料金は一切支払う必要はありません。

トラブル事例2:太陽光発電システム設置後に雨漏り発生

太陽光発電システムの施工時に起こるトラブルで最も多いのが雨漏りです。

その原因は、太陽光システムの急速な普及により、知識と経験のある施工者の育成が追いつかなかったから。

現状でも、知識、経験不足の技術者が施工を行っていることは少なくないようです。

こうしたトラブルを防ぐためには、まずは実績ある業者の選定が大切。

さらに、契約前に営業スタッフだけではなく、施工を行う技術者に工事についての具体的な説明を現地で受けるようにしましょう。

太陽光発電システムでは、メーカーごとに施工免許を発行していますので、施工IDの提示を求めることも忘れないようにしましょう。

トラブル事例3:工事の途中で業者と連絡がとれなくなった

契約後、設置工事が開始されたが、その途中で工事がストップしてしまい、業者とも連絡がとれなくなってしまう。

工事が途中で止まっただけなら、ただの手違いや発注ミスということも考えられますが、連絡がとれないとなると悪質です。その業者は経営に問題があるのかもしれません。

工事の状況によってはこのままでは雨漏りの被害が発生することもありますので、建築士に雨漏りについて相談すること、弁護士に法的手段について相談することをおすすめします。

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ