太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

太陽光発電で節税

長崎でできる太陽光発電の節約に役立つ情報

無駄のないシステムづくりは節電に

長崎で太陽光発電について検討しているのであれば、節税に関するメリットについてもチェックしておくと良いでしょう。

太陽光発電の場合、さまざまな面において節税を行うことができます。

グリーン投資減税の対象となります。グリーン投資減税は、省エネや低炭素設備、再生可能エネルギー設備への投資を支援する制度です。

必要な条件を満たすことで特別償却や税額控除が可能になります。税額控除については、中小企業等のみが対象となるなど条件が色々とありますが、初年度に100%即時償却できるというメリットがあります。

地元に詳しい業者に頼もう

長崎で太陽光発電による節税について検討しているのであれば、長崎でその作業を得意としている業者に依頼するのが一番です。

税金に関することや補助金に関することについては地域差があります。その地域のみ対象となる補助金のことなどもありますので、地元について詳しい情報を持っている業者に依頼すると、メリットが高くなります。

実績のあるプロに依頼しよう

即時償却の対象となるための条件を満たしているシステムを作るためには、事業的規模の判断や名義のことなどもありますので、早い段階からプロに相談しながら進めたほうが無駄のないシステムを作ることができます。

節税のことを考えて太陽光発電を長崎で検討しているのなら、長崎で実績のある業者を選んで依頼すると良いです。自営業や法人の節税はもちろんサラリーマン家庭の節税にも利用することができますが、必要な情報を得ないままに進めていくのはリスクがあります。

情報を集めていく過程において、長崎での太陽光発電による節税を得意としている業者についても調べ、早い段階から相談するほうがメリットの高いシステムを導入することができます。

まずは太陽光発電にかかる税金を把握しよう

売電もできて、自宅で使う電力もまかなえるなど、太陽光発電は家計を助けてくれる側面ばかりが耳に入ってきますが、実は太陽光発電の設置に伴い、いろいろな税金がかかることがあるのです。

太陽光発電をめぐる行政の税制や補助金などの制度は、頻繁に変更があるため、損をしないためにも常に最新の情報をチェックする必要があります。ここでは、まず、太陽光発電にかかる税金とはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

所得税

太陽光発電により作り出した電力を売電する場合。売電して得られた価格は、税制上家計の「雑所得」とみなされます。

そのため、年間の雑所得が20万円を超えた場合には、確定申告をして、雑所得金額に応じた所得税を納付しなければいけません。

ちなみに、太陽光発電による雑所得は、設備費用を経費として計上できるため、売電額全てに課税されるわけではありません。売電により得た収入から、経費を引いた金額が、税制上の雑所得となるわけです。

設備費用は、太陽光発電設備の「法定耐用年数」で割り減価償却されます。つまり、耐用年数17年・100万円の太陽光発電設備を屋根に乗せた場合。年間の経費は次の計算式で算出されます。

「設備費用(経費)」=「100万円(設備費用)」×「1/17(償却率)」×「按分率(売電量/発電量)」

固定資産税

固定資産税とは、家や土地などの固定資産に課税される税金です。家を購入した際に初めて固定資産税の徴税が始まったという方もいらっしゃるかもしれません。

太陽光発電システムも、固定資産税の対象となります。ただし、対象となるのは屋根と太陽電池モジュールが一体となった「屋根一体型」のみ。架台に設置された「課題設置型」の太陽光発電システムは、固定資産税の課税対象外となります。

固定資産税の課税評価額は、行政職員が決定します。この課税評価額の1.4%が固定資産税額となります。

太陽光発電で節税をするポイント

太陽光発電の普及を後押しするために、国は様々な優遇制度を設け、節税メリットを用意しています。

例えば住宅用の太陽光発電には補助金制度を、中小企業や個人事業主(青色確定申告)には中小企業等経営強化法などの優遇施策があります。

すでにグリーン投資減税や生産性向上設備投資促進税制は適応期間が終了しています。2019年3月31日まで実施されているのは中小企業等経営強化法のみとなります。

ここでは、制度の変化を知るためにも、それぞれの減税制度を太陽光発電の節税方法としてまとめておきました。ご自身にあった節税対策はないか、チェックしてみてください。

グリーン投資減税

グリーン投資減税とは、10kw以上の太陽光発電設備を導入した青色申告書を提出する個人や法人が活用できる減税制度です。対象となる発電設備を導入し1年以内に事業用に活用した場合に導入できる減税策として、「100%即時償却」「30%即時償却」などがあります。

ちなみに、この制度を利用するには、次のような条件がありました。

●条件
(1)10kw以上の太陽光発電設備若しくは1万kw以上の風力発電設備を導入していること

(2)青色申告書を提出する個人または法人であること

(3)設備取得から1年以内に事業用として使った場合

例えば、個人事業主がグリーン投資減税を活用しようと思った場合。条件の(1)(2)はクリアしていますが、(3)をクリアしているかどうかは各税務署が個別的に判断することとなります。そのため、個人事業主が自宅の太陽光発電設備をグリーン投資減税制度で節税しようと思っても、適用されない可能性もあるのです。

残念ながらこの制度は、2016年で終了。減税適用期間も、最長で2018年6月30日までとなっています。

  • 100%即時償却

太陽光発電設備の導入にかかった費用を全額経費として前倒しできる100%即時償却は、通常太陽光発電の耐用年数に応じて償却年数が計算されるところを、導入費用全てを経費として前倒しで計上できる制度です。

*太陽光発電の即時償却は平成30年3月31日で制度終了しています。ご注意ください。

  • 30%特別償却

太陽光発電設備にかかった取得費用の30%相当を、特別償却として算出できる制度です。

通常、太陽光発電設備は耐用年数が15〜17年となります。仮に15年で太陽光発電設備を償却する場合、通常であれば導入費用を均等に15等分して毎年の課税金額算出時に経費として計上されます。

30%特別償却を活用すると、導入費用の30%を初年度に償却できる制度なので、2年目以降は70%を均等に償却していくこととなり、節税につながります。

生産性向上設備投資促進税制

生産性向上設備投資促進税制は、2017年3月末まで実施されていた太陽光発電の減税制度です。

簡単に言ってしまえば、生産性向上設備投資促進税制とは国が産業の発展のために企業が新たな設備を導入した場合、導入にかかる経費に対して減税処置をしてくれる制度です。

生産性向上設備投資促進税制の場合、対象者が企業だけでなく青色申告をしている個人も含まれていたため、個人事業主の方にとっては利用価値の大きい制度でした。

こちらも、活用には条件があります。幾つかその条件を下記に整理してみましょう。

●条件
(1)青色申告をしている個人及び法人であること

(2)設備金額が160万円以上、投資利益率が5%以上であること

(3)平成28年3月末までに(税理士や経済産業局の確認を得ている)太陽光発電を取得していること

生産性向上設備投資促進税制には、導入する設備によってA型とB型の2種類がありました。

  • 生産性向上設備投資促進税制A類型

生産性向上設備投資促進税制A類型とは、導入する設備が、「最新モデル」である場合に使える制度です。最新モデルとは何のこと?という疑問が生じますが、最新モデルの定義は、取得した時点でメーカーが出す最も新しいモデルであれば認定されるようです。

加えて、そのモデルが旧モデルと比べて年平均1%以上生産性が向上していることが求められています。太陽光発電であれば、より効率的に発電できる最新モデルを導入したかどうかが、生産性向上設備投資促進税制A類型に分類されるかどうかの指標となります。

  • 生産性向上設備投資促進税制B類型

生産性向上設備投資促進税制B類型とは、A類型が先端設備であるのに対して、設備が「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」の場合に適用できる制度です。

こちらは、条件を満たしている設備かどうかは経済産業局が確認します。

  • 50%即時償却

生産性向上設備投資促進税制の中でも、太陽光発電の節税効果が高いと注目されていたのが「50%即時償却」です。

グリーン投資減税と同じく、一定割合(ここでは50%)の設備費用を初年度に償却できましたが、残念ながら50%即時償却が可能なのは平成29年3月まつまで。すでに終了した制度です。

中小企業等経営強化法

グリーン投資減税、生産性向上設備投資促進税制の後を継承する形で2017年4月1日から2019年3月31日まで適用されるのが、「中小企業等経営強化法」です。

太陽光発電の節税対策をするなら、現時点(2018年8月)ではこの制度となります。

これまで対象者が「青色申告をしている個人及び法人」だったのに対し、中小企業等経営強化法では、条件が厳しくなっています。

もともと中小企業等経営強化法自体が、人口が減っている日本で、人材を確保できない中小企業の経営をサポートするために作られた制度です。

そのため、中小企業等経営強化法を活用するには「資本金」条件や、「人材育成やコスト管理設備投資などの計画書の作成と提出」がマストとなりました。つまり、個人ではなかなか利用しにくい節税制度となってしまっているのです。

>太陽光発電の優良業者ランキング!<

長崎の太陽光発電業者ランキングBEST5

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ