太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

農地転用・ソーラーシェアリングとは

太陽光発電は建物だけではなく、空き地や使用していない土地の有効活用として選択する人もいます。その中に、農地を太陽光発電で有効活用したいと思う人もいるでしょう。

しかし、農地は空き地とは違い、農地以外で使用する為には農地転用の許可が必要です。中には許可が認められない場合もあるので、簡単に太陽光発電をすることはできません。そんな時に利用できるソーラーシェアリングについて紹介します。

農地転用とは何か

農地転用とは、簡単に言ってしまうと農地を農地以外の何かで使用することをいいます。農地を太陽光発電所にしようとするならば、農地転用が必要です。休耕地であったり、もう放棄した農地であったりするならば、太陽光発電に転用した方が有効活用できる場合もあります。

農地転用で太陽光発電をするメリットとは

使用していない畑を太陽光発電システムを設置する場合、農地転用した場合のメリットは以下のようなものがあります。

作放棄地の有効利用

耕作放棄地とは、1年以上農作物を作らず、数年の間に再開される予定もない田畑や果樹園のことを指します。耕作放棄地といえども、土地の所有者は責任として定期的に管理しなければいけません。雑草、害虫駆除をしなければならないので、コストがかかってしまいます。

太陽光発電システムを設置することで、農地転用することにより売電利益に期待できるのがメリットです。土地をただ眠らせているより、良い活用となるでしょう。

多くの発電量が期待できる

もともと農地とは農作物を育てる目的で作られているので、田んぼや畑の日当たりは抜群に良いことが多いです。太陽光発電にとって、多くの発電量を期待できます。土地の面積が広いことが多いため、それだけ太陽光パネルを設置できるのもメリットです。実は農地と太陽光システムは相性が良いといえます。

農地転用の手続きがしやすくなることも

ハードルが高いと言われている農地転用。多くの書類や手間がかかり、行政書士に代行をお願いすると10万円以上するケースもあります。さらに審査も厳しく、最悪認可が下りないこともあるかもしれません。

ですが転用目的が太陽光発電システムの場合、手続きの軽減措置を認める市町村も存在しています。太陽光発電の農地転用はハードルが下がることもあるので、転用を検討してみるのも良いかもしれません。

農地転用による太陽光発電のデメリット

使用していない畑を太陽光発電システムを設置するのに農地転用した場合、当然ながらデメリットも以下のようなものがあります。

通常の太陽光発電システムよりも高額

耕作放棄地を農地転用して太陽光発電システムを設置する際に、実は審査要件として通常の太陽光発電よりも高い位置に設置する必要があります。これがどうしても、一般的な太陽光発電より高額になるのがデメリットです。

報告義務や延長手続きの面倒さ

全ての土地を太陽光発電に転用することもあれば、一部を転用することもあります。一部を転用する場合は、毎年一回は農作物の生産状況を報告しなければなりません。農地転用は3年間までなので、3年ごとに延長手続きをする必要があります。

農作物の収穫量が減少する可能性も

一部の土地を太陽光発電に転用する場合は、農作物への注意が必要です。当然ながら太陽光パネルを設置した場合、設置の仕方によっては農作物への太陽光が減る可能性もあります。設置方法や日射量を考慮した工夫などが必要です。

ソーラーシェアリングとは

農地転用が農地を農地以外の用途で使用することに対し、ソーラーシェアリングは農業をしながら太陽光発電事業を両立させるのが特徴です。農林水産省では営農型発電設備と呼んでいます。

農業に関係ない支柱を設置するので、一時転用許可の取得が必要です。昨今では農業と発電事業を両立する研究、技術開発されたものが実用段階まできているので、ソーラーシェアリングに対する注目が高まっています。農家の新しい投資、地域の振興策として期待されているので、検討してみるのも良いでしょう。

ソーラーシェアリングの仕組みについて

ソーラーシェアリングの仕組みは、農地の一時転用という取り扱いです。農地転用の主な例として駐車場を建設した場合、元の農地としての地目が変わります。一方、ソーラーシェアリングは一時転用なので、地目は農地のままとなるのがポイントです。そのため、農業をしなければなりません。一時転用なので、3年ごとに一時転用許可を再取得しなければならない制約もあります。

ソーラーシェアリングをするための条件

ソーラーシェアリングは一時転用の利点を活かし、農用地区域内農地・甲種農地・第1種農地でも設置が可能です。とはいえ、どんな設備や形態でOKというワケではありません。一時転用許可を受けるには、多くの条件が設けられています。農業を継続させることも必須条件の1つです。あくまでも農業のための自然エネルギー発電事業なので、農業を中心とした条件を遵守しなければいけません。

ソーラーシェアリングで一時転用許可を得る際の手続き

事業を計画する市町村の農業委員会に、一時転用許可の申請を行います。あくまでも農業の一環なので、必要な様式は各農業委員会が定めているのが特徴です。

ソーラーシェアリングの設置については、農地転用許可を得るための書類が必要です。基準や判断について各都道府県、市町村農業委員会によって大きく違うので注意しましょう。事業に必要な資金を確保しているかどうかも見られるので、資金計画はしっかりと立てておくのがおすすめです。

農地転用で気を付けるべきポイント

農林水産省による通達をベースとした制度の他に注意すべきは、各地域のローカルルールです。最終的に手続きを行うのは各都道府県及び市町村なので、独自の特殊なルールが存在します。市町村の農業委員会に問い合わせをして、事業の計画について確認しておきましょう。ソーラーシェアリングを設置した後は、農作物の状況についての営農報告をしなければならないことも覚えておかなければいけません。

ルールに反するとリスクにつながる可能性もあるので、守るべきポイントは前もって確認しておきましょう。

ソーラーシェアリングについてのまとめ

太陽光発電システムにおける農地転用とは、使用していない農地に太陽光発電システムを設置することです。日射量や面積など太陽光発電と相性がよく、多くの発電量が期待できます。一方で、設置費用が通常の太陽光発電システムよりも高額になるのがデメリットです。

耕作放棄地をどうするべきか悩んでいる人は、それぞれのメリットやデメリットをふまえた上で、産業用太陽光発電システムの設置を検討してみるのも良いでしょう。

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)
ページの先頭へ