太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

運用コストやメンテナンス内容を知って賢く設置!

太陽光発電って何?

太陽と地球との距離はおよそ1億4,900万キロ以上も離れておりながら、地球に暖かな太陽光が届くほど、太陽は膨大な光エネルギーを持っています。太陽光発電は、膨大な太陽光エネルギーを利用して電気に変え、各家庭や産業用などの電気として使用する発電方法です。車や電気機器を動かすのに必要な電気などのエネルギーを作り出すには、多くの化石燃料などが必要です。化石燃料の使用により、二酸化炭素を含む温室効果ガスが排出され、地球の温暖化が問題となっている今、できるだけ地球に負担のかからないエネルギーが求められています。また、国連の会議によっても日本における温室効果ガスの削減が義務付けられています。地球を取り巻く厳しい状況の中、発電時に温室効果ガスを出すことなく、静かで環境に負荷のかからないエネルギーとして注目されているのが太陽光発電です。その他にも、送電施設の無い山岳部やライフラインがストップする可能性が高い災害時にも使用できるなど、様々なシーンで利用できるのが大きな特徴。家庭用の太陽光発電の仕組みは、屋根などに設置した太陽電池モジュールで太陽光を電気に変え、パワーコンディショナーと接続箱に送ることで、電力へと変換します。

 

 

太陽光発電を設置するまでの流れ

太陽光発電を設置する前に、まず設置する場所での発電量をシミュレーションしましょう。太陽光発電は、基本的には遮蔽物の少ない家の屋根に設置し、太陽光モジュールを多く配置することができるほど、発電量は大きくなります。長崎は比較的温暖な地域ですが、全国と比較して日照時間は長い方ではありません。発電量をしっかりと確保することができなければ太陽光発電を行う意味がないため、シミュレーションは重要です。個人でシミュレーションするのは難しい場合が多いので、太陽光発電の販売店もしくは施工業者に依頼すると良いでしょう。この時、無料でシミュレーションしてくれるお店を探すのも大切です。シミュレーションの次は、設置のための必要な資金の確保を行います。設置金額はかなり高額になるため、自分で全て用意するのは難しい方もいるかもしれません。太陽光発電はクリーンで脚光を浴びてエネルギーであり、近年では、地方自治体の支援がある場合があります。特に長崎県では、補助金を交付している自治体もあるようです。お住いの地方自治体のHPを確認し、あれば申し込み方法や期間などを把握するようにしましょう。続いて、太陽光発電を設置する販売店や施工業者探しを行ないます。長崎における販売店と施工業者の数は200社以上あり、販売店によって、取り扱いメーカーやサポート内容が異なります。太陽光発電は長く使用するものなので、定期点検やアフターフォローが充実している販売店がおすすめ。信用できる販売店探しの方法の1つとして、太陽光発電メーカーから正規販売店として認定されているお店を選ぶのも手です。1つの販売店では見積もり額が妥当か分からないため、できるだけ2社以上から相見積もりを取り、値段を比較することが重要。なお、太陽光を電気に変換する太陽光モジュール1W当たりの価格の安価な方が、導入費用を安く済ませることができます。その他に、太陽光を電気へと変換する場合の「変換効率」も大切な指標で、効率が高いと少ない面積で太陽光電池モジュールが設置できることを意味します。販売店が決定すれば、契約の際に、具体的な工事費用や導入予定の太陽光発電量などの内容が記載されているか確認することが大切です。

 

 

設置に必要なコストはいくら?

太陽光発電の設置にかかるコストは、一般的に太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、工事費用などが挙げられます。経済産業省調達価格等算定委員会の報告によると、2014年度10~12月期の太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、架台、工事費を含むシステム費用は、36.4万円/kWです。システム価格は年々下がっており、2011年度の46.8万円と比較すると、10万円近く価格が下がっています。一例として、5kWの太陽電池モジュールを設置すると仮定するならば、36.4万円×5 kW=182万円となります。屋根に何kwの太陽電池モジュールを置くか、モジュールのメーカーや屋根の耐荷重量の問題や屋根の形、屋根の広さによってもコストは変わるので注意しましょう。なお、一般的な家庭の消費電力は、約4,900kWとされており、太陽光モジュール1kWあたりの年間発電量は、メーカーで差があるものの、約1,000 kW程度が主流となっています。家に、5kWの太陽電池モジュールを設置した場合の年間発電量は1,000 kW×5kW=5,000 kWとなり、一般的な家庭の消費電力を全て賄うことができる計算。ただし、発電量は日射量などにも大きく左右されることを頭に入れておきましょう。

 

 

運用コストと必要なメンテナンスについて

太陽光発電のメンテナンスは戸建住宅の場合、4年に1回の定期点検が必要とされ、点検費用は状況にもよりますが1回約2万円程度。また、太陽電池モジュールの寿命は20年以上、パワーコンディショナーは10~15年とされる場合が多いようです。なお、10年間無償の保証期間を設けているモジュールメーカーが多いとされています。したがって、運用10年でかかるコストは、4年に1回の定期点検費のみだとすれば、10年÷4年×2万円=5で、5万円という計算になり、1年あたりで言うと5,000円です。なお、太陽光発電の稼働期間が20年の場合は、1回以上のパワーコンディショナーの交換が必要となる場合が多く、費用はおよそ20万円。太陽光モジュールは屋外に設置し、日夜自然環境にさらされます。したがって、保証期間が過ぎる10年以降から、パワーコンディショナーの交換時期とされる20年までの間に、修理が必要となる場合も生じるかもしれません。年々値下がり傾向にあるモジュールなどのシステム費用ですが、今後、技術開発などによりさらに費用が安くなる可能性も考えられます。

 

 

余剰電力を売電して収入をゲット 

太陽光発電の大きな特徴として、太陽光発電で作り出した電力のうち、家庭で使いきれずに余った電力を電力会社に売ることができます。2017年に申し込んだ場合、10kW未満の一般家庭の太陽光発電であれば、28円/kWで買い取ると定められています。また、買い取り額は10年間変動しないことになっているのもポイントです。年々買い取り額が下落しているので、太陽光発電の導入を考えている方は、早めの申し込みがおすすめと言えるでしょう。5kWの太陽光発電を設置している家庭の場合、太陽光モジュール1kWあたりの年間発電量を1,000 kWとすると、1年間の総発電量は5000 kW。発電した電気の全てをお金に換算すると、28円/kW×5000 kW=14万円となります。総務省統計局による2017年の1世帯当たり年平均1か月間の支出-二人以上の世帯の電気量は1万100円であり、1年間だと12万1,200円。売電収入から必要な電気料金を差し引くと、(売電収入)14万円-(年間電気料金)12万1,200円=1万8,800円の利益が出る計算となります。電気料金によっては、さらに増収となる場合もあります。1年間に2万円弱の利益とはで微々たる額と思う方もいるかもしれませんが、10年で考えると、18万8,000円です。2014年度の値を元にしたシステムの初期費用が182万円なので、182万円をベースに考えると、設置後10年で初期費用の10%は補填できることになります。また、設置後は特別な作業がなくとも利益が出るので、長いスパンで見るとお得な方法と言えます。太陽光発電は主に日中の太陽光を利用して発電を行なうため、できるだけ日中に発電した電気を節電して売電に回すことで、さらなる利益を生み出すことが可能です。

 

 

今回は太陽光発電の設置までの一連の流れや運用コスト、売電の仕組みについてご紹介しました。太陽光発電は設置する場所や販売店、太陽光モジュール選びが大切になってきます。高額かつ長期間使用する機器なので、下調べを怠らず上手に設置するようにしましょう。

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ