太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

長崎の方は知っ得!屋根の太陽光発電の見積はここを見る!

大雑把な見積りを出す業者には要注意

「太陽光発電に関するシステム一式」のように大雑把な見積には注意しましょう。どういった太陽光発電を導入するかは、家の屋根の形や広さ、住む地域や日当たりなど色々な条件によって異なります。そのため、事前に自分の家の特徴をあらかじめ把握しておくと安心です。ただし、屋根の角度など業者や専門家でなければ分からない要素がたくさんあることも事実。

そこで見積を出された際にまず注目すべきポイントが、大雑把な見積なっていないかどうかです。業者のなかには、専門的な話だからどうせ分からないだろうと、太陽光発電システム一式としか明記しない見積を出してくるところがあります。どの部分にどんな費用がいくらかかるかなどが分かっていないと、必要以上の費用を請求されていても気付くことができません。ソーラーパネル設置に必要な架台や、施工で使用される建材など、見積の内容を細かく明記してあることが重要です。

見積を出す場合、家の特徴に合わせて搭載する太陽光パネルの種類や枚数を決めていきます。そのため、現地調査をしっかりと行ったうえで見積を提出したのかもいい判断材料となるでしょう。屋根の特徴は家によってさまざまあり、現地調査をしないと分からないこともあります。トータルの見積よりも、屋根の状況や周囲の障害物など、実際に確認した上で提案してくれる見積の方が安心です。

 

 

複数の見積を比べる際はキロワットの単価で比較

太陽光発電の導入を検討する場合、一つの業者だけでなく複数の業者から見積をもらって比較します。しかし、見積の項目は業者によってさまざま。形式が統一されていないので、簡単には比較できないでしょう。太陽光発電システムは各家庭の屋根に合わせて取り付ける、いわばオーダーメイド商品。屋根の特徴やメーカーによって価格が大きく変わるため、他の家庭とも比較しづらいという点もあります。

そこで、太陽光発電の見積を比較する一般的な考え方として「キロワット単価」があります。キロワット単価とは、太陽光発電システムの合計価格と太陽光発電システム発電量の商。つまり、合計金額を発電量で割った値がキロワット単価です。発電量は設置容量に直結。設置容量のキロワット数が大きいほど、価値が高い太陽光発電となります。

では、2017年の住宅用太陽光発電の全国平均値を例にキロワット単価を計算してみましょう。設置費用の平均は168.0万円で、設置容量の平均は5.00kW。計算式は168.0÷5.00=33.6となるので、キロワット単価の平均相場は33.6万円/kWです。

これを踏まえて、2社の見積を比較してみました。

A社:費用132万円 容量3.00kW →44万円/kW

B社:費用180万円 容量5.00kW →36万円/kW

単に費用だけを比較するとA社の方が安いのですが、キロワット単価で比較するとA社44万円/kW、B社が36万円/kWなので、B社の方がお買い得という結果になります。

 

 

補助金の申請条件にもキロワット単価が基準になる

キロワット単価は、複数の見積を比較する役割だけではありません。悪質な業者が不当な金額で販売することを防ぐ目的もあります。

家庭用の太陽光発電が世の中に出回り始めたときはまだ費用が高く、国からの補助金を受け取ることができました。補助金を受け取る際の条件として、キロワット単価50万円/kW以下という基準を設けていたのです。システムが普及する価格に十分下がったとして、平成26年度から補助金の制度は廃止。その後は都道府県や各自治体で補助金の制度を設けていますが、すでに制度が終了したところが多くあります。長崎県では、雲仙市、平戸市、東彼杵町の3市町で補助金交付の申請を受け付けているようです。

・雲仙市

補助金額:1件あたり65,000円

補助対象者:雲仙市に住所を有する者、国税や市税に未納がない者、太陽光発電の合計出力が10キロワット未満であることなど

受付件数が50件に達し次第、補助金の制度は終了となります。平成29年12月18日の時点で35件まで埋まっているので、導入が決まった方は忘れずに申請を行ってください。

・平戸市

補助金額:1kW当たり20,000円で、上限100,000円

補助対象者:平戸市内の住宅に対象のシステムを設置、または設置された物件を購入する者、過去に平戸市の太陽光発電システムに関する補助金を受けたことがない者、市税等に納税がない者など

・東彼杵町

補助金額:1kW当たり30,000円で、上限100,000円

補助対象者:町内の住宅に対象システムを設置、または設置された町内の住宅を取得する者など

 

 

導入費用と金銭メリットのバランス

見積と合わせて導入前によく確認しておきたいことが、太陽光発電システムの導入によって発生する金銭メリットです。この金銭メリットには、「売電収入」と「電気代削減額」の2つがあります。売電収入とは、太陽光発電でつくった電気を売り収入を得ること。電気代削減額は、自家発電によって家庭内の電気代が節約できた金額のことです。この2つを上手に運用することで、年間の電気代を削減するだけでなく、売電収入を太陽光発電システムのローン返済に充てられます。

売電収入の計算の仕方は、売電価格×売電量で求められます。2017年度の固定買取価格制度によると、売電価格は30円/kWh(出力抑制装置あり)。年間で3,600kWhの売電量があったと仮定した場合、30円/kWh×3,600kWh=年間108,000円の売電収入があることになります。売電量は季節によってもバラつきが生じ、冷房や暖房を多く使う夏や冬は少なくなりますが、あまり使わないシーズンには売電量がアップ。

導入後の金銭メリットはどうだったか、長崎市に住むある一家を例に見てみましょう。

長崎市在住の3人家族で、住まいは2007年築オール電化住宅。2012年に太陽光発電を導入し、屋根の西側に16枚と東側に12枚、合計28枚のモジュールを設置しています。発電量は4.2kWhで、売電の額は良い月で30,000円程度、暖房をよく稼働させる冬場でも10,000円ほどの収入があるようです。毎月の電気代は平均6,000~7,000円で、単純計算で毎月10,000~20,000円の黒字となっています。太陽光発電システムを導入したことをきっかっけに、家庭での省エネに対する意識が高まり、節電や省エネの工夫も始めたとのこと。導入時は高額な費用に躊躇したものの、当初の計画よりも数年早くローンを返済できそうだということです。

発電量はメーカーや都道府県によって多少変動し、電気の消費量も家族の人数やライフスタイルによって変わるので一概には言えません。ですが1年間でどの程度の金銭メリットがあるか、何年後に元が取れるかなどシミュレーションもしながら見積を確認してみましょう。

 

 

付き合いが長くなるので信頼できる会社が安心

太陽光発電システムは高額な買い物です。そのうえ、一度設置したら20年は使い続けなければなりません。どこのメーカーのソーラーシステムを導入するかも大切ですが、設計や施工選びも大事になってきます。実際に太陽光発電システムの取り付けや、導入後のメンテナンスやトラブルが起きたときに対応してくれるのは施工業者です。信用できる会社か、不安要素がある会社なのかは、見積を提出された時点で見極めるのがベスト。

一つ目は、冒頭でも説明したように見積の内容がトータル金額になっていないことです。何にいくらかかるのか、個別の項目が書かれていない場合は注意してください。二つ目に、こちらの質問や疑問に丁寧に対応してくれるかどうかもポイントです。見積の内容に関して分からないことがあるとき、言葉を濁したり曖昧な回答が返ってきたりすると信用できないと思っていいでしょう。誠実にきちんと説明してくれる会社が安心できます。三つ目は、その場で導入を強く勧めてくるかどうかです。中には即決即断を迫り、導入を決めるまで帰らないという悪徳業者もいます。比較検討を待たず、断るなら違約金を払うよう脅す場合も信用できません。また問い合わせ後の返答が遅すぎる場合も、違和感を持った方がよさそうです。

 

 

もしかすると家庭の将来を大きく左右するかもしれないほど、大きな買い物の太陽光発電システム。複数の見積を比較することは、適正な価格で購入する目的だけにとどまらず、本当に信頼できる業者や会社であるかどうかの見極めにも繋がります。ぜひ見積のチェックポイントをよく確認しながら、見積に関する業者とのやり取りにも注目して検討しましょう。

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ