太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

太陽光発電を設置するメリット・デメリット

こちらでは太陽光発電装置を設置するメリットについて説明しています。

太陽光発電を設置するメリットとは

太陽光発電の主なメリットは次の6点です。

エネルギー源が無尽蔵でクリーン

太陽光発電最大のメリットは、エネルギー源が枯渇せずクリーンであることです。

原子力発電のに替わる発電方法として火力発電が注目されています。

しかし、火力発電は石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を燃焼させて電気を起こすため、発電時に大気汚染物質である二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOX)、硫黄酸化物(SOX)などが発生してしまいます。

太陽光発電は、化石燃料は一切使わず、また空気を汚す物質も出しません。

現在最も多く使われている太陽電池である、結晶シリコン太陽電池を使用すれば、1kwシステムあたり年間314kgのCO2を削減し、原油の使用量も年間227リットル減るという試算が出ています。(出典:太陽光発電協会「公共・産業用太陽光発電システム」より)

どこにでも設置できる

太陽光発電システムの発電効率は、システムの規模に関係なく一定。なので設置に広大な土地は必要ありません。一般家庭から大規模施設まで設置場所の広さに合わせて自由に設置できます。

一般家庭の屋根やカーポートの庇、商業施設の屋上などに設置されているのを目にしますが、日射量さえ確保できれば場所を選ばないので、最近ではビルの外壁に設置するケースも増えてきています。

メンテナンスに手がかからない

太陽光発電システムの構造はとてもシンプルなのでメンテナンスが容易です。気になるシステムの寿命は設置場所などの諸条件によっても違ってきますが、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は20年以上です。

メンテナンスが必要なときは、設置した業者に依頼すれば対応してくれます。

電気代の節約ができる

4つめのメリットは、電気代が安くなることです。

一般の家庭が一年間に使用する電気量は、おおよそ4,000kWhから5,000kWhだとされています。太陽光発電のメーカーである東芝(http://www.toshiba.co.jp/pv/h-solar/ecolife/amount/index_j.htm)やパナソニック(https://sumai.panasonic.jp/solar/capacity.html)によると、太陽光発電のモジュールは、1kWあたり1,000kWhほど発電することが可能です。

大雑把に考えて、5kWの太陽光発電システムを設置すれば、年間の電気料金は差し引きがほぼゼロになります。 もちろん、5kW以上のシステムを設置することによって、発電する電力が大量に余るようになれば、売電によって黒字にすることも夢ではありません。

電気会社の値上げが家計に影響しづらい

太陽光発電を設置した場合、日中は発電した電気を自宅で使い、夜間は足りない電気を電気会社から買うことになります。電気会社から買う電気の料金は、電気会社の事情や判断によって、値上がりするリスクを秘めているのです。太陽光発電を設置していると、日中は自力で電力を用意することができるため、値上がりした電気を買う必要がありません。家計への影響も小さいです。

非常時や災害時でも電気を利用可能

太陽光発電は、設備が壊れておらず、日が出ていれば、いついかなる状況でも発電をすることができます。頻発する地震等の災害や事故によって、停電が起きたときでも電気を使うことができるのは、大きなメリットです。 とくに、自宅をオール電化にしていたり、要介護の家族がいてつねに身体状況をモニターしていたりする場合、日中の電力確保は死活問題となります。

非常時に、安心して携帯電話の充電やテレビの利用ができるメリットは大きいです。

余った電気を売る:売電の仕組み

自分たちで使う電気を賄うために活用したいと考えて設置されることが多い太陽光発電。実は太陽光発電で生み出された電力は一定の割合で各電力会社に買い取ってもらう、つまり売電ができます。

太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーで発電された電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により一定条件で電力会社に売却(売電)できますが、産業用の超大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)と住宅用の太陽光発電システムで売電の仕組みが異なり、設置している太陽光発電システムの規模が10kWか否かで売電の基準が変わってきます。

一般家庭で導入されているシステムのほとんどは10kW未満のシステムで、こちらには余剰電力の買い取りが適用され、平成24年度の売電価格は1kWあたり42円でした。

売電できる余剰電力は、太陽光発電システムで生み出した電力のうち、自家消費分を差し引いた電力のことで、発電した電力を全て売電できるわけではありません。

家庭用太陽光発電システムには、自動的に余剰電力を随時売電する機能が組み込まれているので余剰電力は自動的に売却されます。

また10kW未満のシステムには10年間の売電期間も保証されています。

太陽光発電を設置するデメリットとは?

太陽光発電の設置には、デメリットもあります。ここでは3つ、ご紹介しましょう。

設置にお金がかかる

太陽光発電の設置には、小さくない金額の投資が必要です。具体的にいくらかかるのかはメーカーによって違いますが、設置費用でおおよそ100万円から200万円前後はかかると見ておいたほうがよいでしょう。

ただ、太陽光発電協会の「住宅用太陽光発電補助金交付決定件数・設置容量データ」(http://www.jpea.gr.jp/j-pec/data/)によると、太陽光発電設備の金額は、年々かなり下がってきています。 資料によると、平成21年に申請された太陽光発電の補助金交付額の年間平均額は、「618万7,500円」です。

一方、平成26年の4月から平成27年の2月までの金額は、「385万円」となっており、太陽光発電の低価格化が進んでいることがわかります。

設置にお金はかかりますが、技術の進歩にともなって太陽光発電設備の機能も改善されているため、投資する金額に対する満足度も高くなっているのです。

パワーコンディショナーはメンテナンスが必要

太陽光発電のパネルは、構造も単純で耐久性が高いため、多くの商品に20年の保証がついています。しかし、発電した電気を利用可能な形に変換するパワーコンディショナーは、機能の複雑さから定期的なメンテナンスが必要です。

パネルに比べると耐久性が低いため、パワーコンディショナーは10年前後で交換の必要も出てきます。メンテナンスや交換の回数だけ費用がかかってしまうのは、デメリットのひとつです。

設置場所や条件によっては希望の発電量にならない場合も

太陽光発電には、設置場所や気象条件によっては発電量が安定しないというデメリットもあります。たとえば、太陽光発電のパネルを設置する屋根の角度が悪かったり、太陽光発電設備を導入したあと、近所に大きなマンションが建ったり、長雨になったりしたら、発電量は当初の見込みを下回ってしまうのです。

とはいえ、パネルの設置場所に関しては、業者に相談したうえで問題がなさそうな場所を選ぶことができます。天候については、人がどうこうできるものではないため、諦めも必要です。

ただ、太陽光発電では売電が可能なので、利用期間が長くなればなるほど、利益は大きくなります。投資の一環として考えれば、太陽光発電の導入は悪い選択ではありません。

>太陽光発電の優良業者ランキング!<

長崎の太陽光発電業者ランキングBEST5

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ