太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

太陽光パネルの耐用年数・寿命

太陽光発電パネルとその他の周辺機器はどれくらいの年数持つのか。気になる耐用年数や寿命を紹介します。

太陽光発電パネルの寿命は一般的に20年以上

太陽光発電パネルの寿命は、一般的に20年以上が平均だと言われています。ただ20年経過後も出力を維持するよう技術や品質が向上しているので25年から30年、40年の寿命も期待されています。

太陽光発電パネルの寿命は長いものの、一定割合で故障も起こります。長期間安定した発電を維持するためには、発電量の低下や異常を早期に発見して点検、調査、改善を行うことが重要です。

太陽光発電システムの法定耐用年数

法定耐用年数とは税法上で定められた減価償却資産で、何年使用可能かどうかを表した期間です。この期間が太陽光発電システムの場合17年と定められています。では実際17年しか使用できないかというと、あくまで税法上の年数なので実際の耐用年数とは別物になります。

では、実際のところ耐用年数はどれくらいかと言うと、太陽光発電パネルの場合上記のように25年~30年あたりですが、適切な維持管理を行うことで40年まで使えたという実例もあるそうです。

ただし太陽光発電システムの導入自体が盛んになったのがここ数年なので、寿命に関してのデータは乏しいのが実情です。ただし突然寿命が来て使えなくなるのではなく、経年劣化により発電量が低下することの方が多くなります。

経年劣化はパネルによっても差があります。例えば使用率が高い単結晶シリコンパネルは25年で82~85%まで出力が低下するといわれていますが、多結晶パネルでは86.8~89%の低下にとどまります。さらにCIS太陽電池の場合25年後でも92.7~93.2%の低下でおさまります。

このような経年劣化を踏まえて、230Wの単結晶パネルと220Wの多結晶パネルを比較してみましょう。最初は発電量の多い単結晶パネルの方が良いのかなと思いがちですが、実は20年後にはほぼ同じ出力まで低下することになります。つまり、太陽光パネルは長い目で選ぶことも大切なのです。

各機器の耐用年数

太陽発電システムは太陽光電池だけでは稼働しません。パワーコンディショナなどの周辺機器が必要となり、これらにも、もちろん耐用年数があります。

パワーコンディショナの耐用年数は10~15年。内部のコンデンサと呼ばれる部分が劣化するため定期的な取り替えが必要です。基盤そのものが損傷しなければ、本体をそのまま交換する事はほとんどありません。

電力メーターは計量法で10年以内に取り替える必要がありますが、これは契約した電力会社の責任で行ってくれるようです。配線器具やケーブルは耐用年数が20~30年になります。

どの機器も基本的には定期的な点検で、劣化や損傷などは早期に発見できます。突然壊れて使えなくなってしまうような事にはならないので安心して下さい。

>太陽光発電の優良業者ランキング!<

長崎の太陽光発電業者ランキングBEST5

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ