太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

利用開始までの流れ

ここでは太陽光発電設備の問い合わせから利用開始までの流れと、必要な手続きについて解説しています。

太陽光発電システムの問い合わせから利用開始までの流れ

太陽光発電システムを導入する際に必要な手続きや、導入の流れを見ていきましょう。

1.見積もりの依頼

導入を決めたらまず必要なことが、太陽光発電業者への見積もり依頼です。このとき、事前に自宅の屋根の形状と向きを把握しておきましょう。図面を用意しておくとなお良いでしょう。

おおよその工事費用や発電量については、販売施工会社に質問するとわかりますが、正式な見積もりは現地調査後になります。

2.現地調査

屋根の向きやパネルの設置角度などによって発電量は異なります。日照時間や設置環境による発電量の試算のために、現地調査が必要です。

また、屋根の素材や老朽化の程度によっては補強工事が必要になったり、設置出来ないことも。屋根の角度によっては、別途ソーラーパネルを設置するための架台工事が必要なこともあります。

これらの現地調査の結果から、導入するソーラーパネルのメーカーを決め、より詳細な発電シミュレーションをし、導入コストが何年後に回収できるかも予測します。

3.販売施工会社と正式契約し補助金を申請

現地調査が終了すると、太陽光発電業者はソーラーパネルの配置図面、設置後の外観など、最終的な見積書を作成します。その際に、導入する太陽光発電システムの価格だけでなく、概算の発電・売電できる電気量や設置工事費、地方自治体の補助金などについても教えてくれます。

導入を決定したら、正式に契約を結びます。地方自治体への補助金申請はこのタイミングにで行いますが、販売施工会社が代行することが多いので確認しておきましょう。

4.設置工事

設置工事は屋根の補強工事や断熱工事がなければ、2~3日で終了します。

まずはパネルを設置する架台を組み、ソーラーパネルを設置してパワーコンディショナーなど周辺機器を取り付けて、配線工事を行います。

5.電力会社と売電契約

余剰電力を電力会社に売るための電力受給契約(売電手続き)を結びます。申し込みから手続き完了まで、約1ヶ月かかりますので、なるべく早めに行いましょう。

6.運転開始・補助金の受け取り・メンテナンス

電力会社との電力受給契約がスムーズに完了した場合、太陽光発電がスタートします。

どれだけスムーズに話が進んでも、見積もり依頼から運転開始までは2ヶ月ほどの期間が必要。また、補助金の支給はさらに数ヶ月かかります。

ソーラーパネルは特別なメンテナンスは不要ですが、4年毎の定期点検が推奨されています。メーカーによっては、定期点検を受けることが保証の条件となっている場合もあります。

太陽光発電の設置に必要な手続き

経済産業省の定める太陽電池発電設備の設置に係る法制上の取り扱いは、出力に応じて違います。

●出力50kW未満
電気事業法上は小出力発電設備となり「一般用電気工作物」とされています。設置工事にあたっては電気工事士法に基づき電気工事士(第一種又は第二種)が作業を行う必要があります。
一般用電気工作物ですので、届出等の手続きは不要ですが、経済産業省令で定める技術基準に適合させる義務があります。

●出力50kW以上
電気事業法上は発電用の電気工作物(発電所)とされ、「自家用電気工作物」に分類されます。
設置して利用する場合、様々な義務や手続きが必要です。

>太陽光発電の優良業者ランキング!<

長崎の太陽光発電業者ランキングBEST5

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ