太陽光発電の優良業者ランキング【長崎編】

長崎の太陽光発電事情を大調査!

オール電化・蓄電池導入でエコ&お得

太陽光発電システムと一緒に使うことでメリットの多いオール電化や蓄電池。それぞれのメリットや導入可能なおすすめの太陽光発電施工会社を紹介します。

オール電化や蓄電池のメリットは

太陽光発電を導入するなら、合わせてオール電化や蓄電池の導入も検討してみましょう。連携して使うことでさらに電気代が安くなったりするなど、便利なメリットがたくさんあります。それぞれのメリットを調べてみました。

オール電化のメリット

・電気代が安い深夜電力を利用するため、電気代がお得になる
・地震などの災害が起きた時でも、電気の復旧が一番早い
・災害時は電気温水器やエコキュート内に溜まっている水やお湯を生活用水として使える
・ガス代がかからないので、ガスの基本使用料がかからない
・ガスコンロよりもIHの方がお手入れ楽ちん
・住宅内に熱源がないためガス漏れや火災の心配がない
・ガスを使わないため、室内の空気が汚れない
・排出される二酸化炭素量が大幅に削減できる

蓄電池のメリット

・災害などの非常時に電源として使える
・補助金が多く、設置しやすい
・夜間の割安な電気代で蓄電することで、電気代を節約できる
・太陽光発電と連携することで、余った電力を蓄電したり発電量の少ない時間に蓄電池から供給したりすることができる

おすすめの太陽光発電施工会社

オール電化や蓄電池も検討しているなら、任せて安心できる信頼度の高い太陽光発電業者を選びましょう。おすすめの業者を紹介します。

●ライムイシモト
創業80年を迎える屋根のプロ・電気のプロ集団。オール自社施工で安心安全です。
エコキュート、IHクッキングヒータも東芝や三菱電機、パナソニックなど各メーカーを取扱っています。どれも格安なので太陽光発電の設置と一緒にオール電化にするのがおすすめです。

●日研ハウジング
長崎県北部地域で太陽光発電施工実績No1の業者。太陽光発電はもちろん、パナソニックや三菱電機、東芝、日立、コロナなどのオール電化も取り扱っています。無理な営業もなく、設置・施工後のアフターフォローも充実しています。

●日本エコライフ
ゆめソーラーでおなじみの日本エコライフは、太陽光発電ショールーム店舗運営で安心感抜群。IHクッキングヒーターからエコキュート、蓄電池まで各メーカーを幅広く取り揃えています。施工保証もあらゆる事態に備えて用意されているので、万が一の時も安心です。

長崎の太陽光発電で無理なく省エネ!スマートハウス化に必要な3つのシステム

スマートハウスは、「賢い住宅」という意味があります。太陽光発電システムなどでネルギーを創り出し、家庭用蓄電池でエネルギーを貯め、ITを駆使して電力の需要をコントロールする省エネ設備を備えた住宅のこと指します。

地球に環境にやさしく、住む人にお得で機能的な住宅なのです。

上記のように、スマートハウスに必須となるシステムは、「省エネ機器」「創エネ機器」「畜エネ機器」の3つ。

ここでは、スマートハウスの3つのシステムについてそれぞれご紹介します。

1.省エネ機器 ・・・HEMS

HEMSは、Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」のこと。

日本語では、「家庭用エネルギー管理システム」という意味です。

HEMSの主な機能は、「見える化」と「電気設備の適切な制御」。

家庭にあるあらゆる電気機器とつながっており、エネルギーが家庭でどれだけ、どのように使われているか目に見えて分かるようにし、さらに機器を制御して最適にエネルギーをコントロールします。

スマートハウスにおいて、必須の機器の1つです。

省エネ家電、スマート家電

HEMS以外には、省エネ機器としてあげられるのは、家電自体に省エネ機能が付いている省エネ家電、現在の電気代を家電自体が表示するといったスマート家電。

こうした家電を併用することによって、さらに省エネ効果を高めることが可能です。

2.創エネ機器 ・・・太陽光発電システム

太陽光発電システムは、スマートハウスの条件で欠かせないシステムの1つ。

住宅の屋根などに太陽電池が並んだソーラーパネルを設置し、太陽光を電力に変換するシステムのことを指します。

スマートハウスの定義として創エネ機器を備えていることは必須ですが、2017年時点ではほとんどの場合、日本で創エネ機器として利用されているのはこの太陽光発電システムです。

太陽熱発電システム

レンズや反射鏡で太陽光を集めて、その熱を蒸気にし、タービンを回転させることで発電します。

太陽光発電と比較すると、より日射量が必要であり、発電効率が悪いことから普及しませんでしたが、開発が進み、日射量が少ない場合でも発電可能となり、注目されてきています。今後は太陽光発電システムのように家庭用でも普及していく可能性もあるようです。

その他には、小型風力発電システム、ガスコージェネレーションシステムがあげられますが、いずれも2017年現在の日本では普及に至っていません。

3.畜エネ機器 ・・・家庭用蓄電池

太陽光システムなどで発電した電気を蓄えておき、必要なときに、必要なだけ使用できるのが蓄電池。かつては産業用しかありませんでしたが、省エネという観点だけではなく、特に震災後、防災という観点から家庭用の需要が高まっています。

太陽光発電システムをより効率的に利用するために欠かせないシステムであり、スマートハウスには必須といえます。

蓄電の容量が大きい定置型、持ち運び可能な可動式のものがありますが、スマートハウスでは定置型が主流であり、必須といえます。

EV充電器

EV充電器とは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を充電するための機器やコンセントのことを指します。

EVやPHVを充電するには、通常のコンセントではなく、EV充電用コンセントが必要ですので、あらかじめ電気工事をしておかなくてはいけません。

>太陽光発電の優良業者ランキング!<

長崎の太陽光発電業者ランキングBEST5

長崎で安心できる
太陽光発電業者BEST3

ここなら安心!長崎の太陽光発電業者ナビ
おさえておきたい太陽光発電の選び方
知っておきたい太陽光発電の基礎知識
産業用太陽光発電導入ガイド(長崎編)

決定!長崎での実績豊富・対応◎の太陽光発電業者BEST5

ページの先頭へ